草刈りで失敗

刈る量が少ないところだと、電気のモーターにナイロンコード草刈機を使います。
充電したバッテリーでは駆動時間が短いのが難点ですが、取り回しが楽で準備に手間がかかりません。
高速回転するナイロンコードで切るので芝生ぐらいだったら問題ありません。
ですが刈る量が多かったり草がかなり伸びてしまってはこのレベルでは対応出来ません。
そういったときはガソリンを使ったエンジンタイプで、回転歯のものを使います。
これを使うとパワーがあり、かなり早く効率的に刈ることができます。
今回はかなり伸びまくっているところを刈っていたのですが、どんどん綺麗になっていくので気持ち良く刈っていました。
そんな時、ちょっと歯先に抵抗を感じました。
「あっ、もしかして・・・」
と確認してみると、そこには電気系のケーブルがあり、完全に切断されていました。
もちろんその場で修復は出来ず、業者さんにお願いして3日後に修復してもらえました。
結構ショックな出来事でした。
次回以降は気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です