具志堅用高さんの話

東京に住む石垣島出身の友人からLINEで具志堅用高さんに会ったと写真が送られてきました。

どうやら東京で定期的に開催されている石垣島出身者の集まりのようです。
サインや写真をの要望に応えている具志堅さんの写真でした。

地元人にも愛されている具志堅さんは、会った人がみなテレビで見るあのままの人と言います。
テレビではちょっとおとぼけな面白いおじさんですが、ご存知の通りボクシング界では13回防衛した世界チャンピオンで、石垣島だけでなく日本が世界に誇れるレジェンドです。

沖縄が日本に復帰したのが1972年。
石垣島の道路が、アメリカの右側通行から日本の左側通行に変更となったのがそれから遅れて6年後の1978年。
具志堅用高さんが世界チャンピオンになったのが1976年です。

沖縄は本土に比べて復興にも時間がかかったと思いますが、その中での具志堅用高さんの活躍は心の支えになったことでしょう。

とは言ってもどれだけすごいかはあまり実感が湧かないと思います。

具志堅用高記念館

石垣島に行ったら、是非具志堅用高記念館に行ってみてください。
獲得した歴代のトロフィーや新聞記事、映像などを見ることが出来ます。

大量のトロフィー 13回防衛時のグローブ

 

入場料は大人400円。
すぐ隣に大きな実家もあります。

具志堅用高さんの実家

ここを訪れた後は、具志堅用高さんを見る目が変わると思います。
具志堅用高さんとの記念写真は離島ターミナルで撮ることが出来ます。

具志堅用高の銅像
雨の日も台風の日も両手を突き上げて待っててくれます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です